あかつき鍼灸院

【要予約】お問い合わせ連絡先:0824-52-2425

【営業時間】9:00〜12:00/14:00〜19:00【定休日】毎週日曜、祝日

耳の後ろの痛み 〜長年ヘルペスに悩まれていたAさんの場合〜

 今回取り上げる症例は、ヘルペスによる痛みの緩和についてです。

 皆さんは風邪をひいた時、口の周りに水ぶくれのようなものが出来て痛むことはありませんか?
 これは体内に潜伏していたヘルペスウイルスが、免疫の低下した際に症状を引き起こしているのです。

 水疱瘡や帯状疱疹も、このヘルペスウイルスが原因です。

 ヘルペスの特徴は、体力や免疫力の低下に伴って、潜伏している神経に沿って痛みや水ぶくれを発症することです。
 元気な時にはまったく気にならないけど、体調を崩し始めると症状が現れる、体のバロメーターのような疾患ですね。

 よく症状が現れるのは口の周りやわき腹なのですが、今回のAさんは耳の後ろにこの症状が現れていました。



〜Aさんの症例〜

 Aさん 30代 女性
 約20年前に左の顔面神経麻痺とヘルペスを発症。
 麻痺の症状は治まりましたが、体力が低下する度に、耳の後ろのピリピリとする痛みを感じるようになりました。
 その他にも冷え性や肩こり、偏頭痛などの症状もあります。

*施術のポイント
 ヘルペスの痛みには、お灸がよく合います。
 当院は肌から少し離したところから、棒状のお灸で患部を温めていきます。
 ヤケドや痕が残る心配がほとんどなく、施術を受けている患者さんもリラックスされていました。
 その他の症状も、体の状態に合わせて鍼とお灸を施術していきます。

*経過
 初回の施術で、ヘルペスによる痛みはほとんど感じられなくなりました。
 念のため一週間後に再受診していただきましたが、痛みの再発もなく、肩こりや偏頭痛の随伴症状も軽減されていました。
 この方の場合、気候が変動しやすい時期と、何より疲れが出ると再発しやすい傾向にあります。
 ヘルペスは体のバロメーター。
 あまり無理をなさらないでくださいね、とお話させていただき、いったん治療は終結となりました。



あかつき鍼灸院
 広島県三次市三和町下板木525
 ホームページ:http://www.akatukiharikyuu.com/
 tel : 0824-52-2425(要予約・事前にお電話ください)

 
カテゴリー:施術実績 | 投稿日:2017年01月31日