あかつき鍼灸院

【要予約】お問い合わせ連絡先:0824-52-2425

【営業時間】9:00〜12:00/14:00〜19:00【定休日】毎週日曜、祝日

ヘルニア 〜二年前から脚がしびれていたOさん〜

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 今回の症例は、腰椎椎間板ヘルニアによる脚のしびれです。

 椎間板は骨と骨の間にるクッションの様な組織で、中心がゼリー状になっており、椎骨にかかる衝撃を和らげる役割があります。
 しかし何らかの原因で椎間板が損傷してしまうと、中のゼリーが飛び出してしまい、周辺の神経を圧迫します。
 これが腰で起これば腰椎椎間板ヘルニア、首で起これば頸椎椎間板ヘルニアと診断されます。

 主な症状は痛みとしびれ
 直接ヘルニアが起こっている場所だけではなく、遠位の脚や手にも症状が及ぶのが特徴です
 
 

 〜Oさんの症例〜

 Oさん 70代 男性
 二年前、腰痛と脚のしびれを感じて整形外科を受診。
 検査の結果、腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。
 その後病院や治療院などで治療を試みましたが、右太腿から足背にかけてのしびれは改善されませんでした。

*施術のポイント
 脚のしびれが主訴でしたが、大元の原因は腰にあります。
 腰のツボにお灸をすることで循環を改善し、しびれを軽減させます。
 発症してから時間の経ったヘルニアは、私の経験上、鍼よりも灸の方がより効果的な症例が多いです。

*経過
 初回の施術でしびれが半減し、その後計5回の施術でほとんどしびれを感じない状態に落ち着きました。
 

 ヘルニアに限らず、発症してから年数の経った症状や、慢性の症状は改善するのに時間がかかる場合があります。
 何回施術が必要かは、それぞれの症状や体質によっても異なります。
 まずはお気軽にご相談ください!


あかつき鍼灸院
 広島県三次市三和町下板木525
 ホームページ:http://www.akatukiharikyuu.com/
 TEL:0824-52-2425(要予約・事前にお電話ください)
 
カテゴリー:施術実績 | 投稿日:2017年03月02日